プロフィール

佐藤想一郎

1991年11月30日生まれ。宮城県出身、大阪府在住。株式会社ホロスパートナーズ代表取締役。

20代前半でインターネットメディアを使ったビジネスで起業、マジシャンの経験を活かしてメールマーケティングの体験デザインを研究。初年度から1,000万円の利益を出し、26歳で会社を設立、1億円近い売上を1人で出す。

ノウハウに磨きをかけるため、精神世界や思想哲学、心理学、帝王学、健康法などを1,500万円以上かけて学び、現在は人生をトータルサポートするようになる。

メルマガの読者数は合計2万人を超え、直接で500人以上、インターネット上では数千人の相談に乗る。

 

成功したのにドン底に落ちた話

はじめまして、佐藤想一郎と申します。 私は現在20代後半で、 会社に属しているわけではなく、 パソコン1台あればどこでも仕事ができます。 カフェでも、旅行しながらでも、好きな時に、好きな場所でできます。 そういう自由なライフスタイルを送りたいなと思ったのは21歳で、 いきなり年収1000万円を超えました。 経営コンサルタントをしたり、 飲食店経営に関わったりしたこともありますが、 今は基本的には自由に仕事をしています。 「インターネットメディアを使ったビジネス」に関する研究をしたら 収入も増えて、たとえばこの前、たった1週間の企画で、 数千万円の売上を出したりもしました。 他には、広告費0円でメルマガ読者を1万人集めたり、 月間で合計30万人以上の人に見られるサイトを作ったり、 といった結果を出してきました。 ビジネスで成功する人を育てる活動もしていて、 たとえば1つのブログで25万PVという アクセスを集める人が出てきたりしています。 このようにして 「インターネットメディアを使ったビジネス」を極めてきた結果、 ビジネスで困ることは無くなりました。 一時期、メルマガの読者数は1万人を超えましたが、 今は読者さんの「数」よりも、読者さんとの信頼関係を大事にしていて、 5000人くらいの読者さんに応援していただいています。 5000人のメルマガ読者さんがいたら、 どれくらいの売上が出るかご存知でしょうか? たった10%の人(500人)が5万円の商品を買ってくれたら、 2500万円の売上が「メール1通」で出ることになります。 このようにインターネットメディアを使ったビジネスの利点は、 短い時間で多くの売上を出せることや、 全国(世界)の人に商品を売れること、 利益率が高いことなどが、よく挙げられます。 しかし私は「ネットビジネスが儲かるから、それで稼ごう!」と 言いたいわけではありませんし、 お客さんのことをお金として見てもいません。 インターネットビジネスが、 世の中で思われているよりも可能性がある「手段」だ と結果で証明したいと思っているのです。 私には、 「多くの人に自由な人生を送ってもらいたい」 という目的があります。 「自由」と書くと、ありきたりに思えるかもしれませんが、 単に、会社をやめて自由になろうとか、 お金と時間の自由を得て好き放題遊ぼうとか、 そういった話ではありません。 私は過去、不自由な生活から抜け出したくて、 ネットビジネスで1人で1億円近く稼いだり、 しかも収入を自動化する仕組みを作ったりしました。 それで「自由」を手に入れた"つもり"でいました。 しかし、そこで待っていたのは「不自由」だったのです。 一体、どうしてそんなことになったのか。 そして、何故インターネットメディアを使ったビジネスを するようになったのか。 今から、ストーリー形式でシェアしていきます。 具体的には、 ・学歴無し、実績無し、知能無し、からビジネスで成功した話 ・アニメを観すぎて受験に失敗した黒歴史が光に変わった瞬間 ・月に100万円の自動収入を構築した話 ・成功したのにドン底に落ちて気づいたこと ・お金と時間の自由の先にある、これからの時代に必要な真の自由とは といった話をしていこうと思います。 まずは、学生時代の話からです。      * 中学生の時、私は「メディア部」という部活に所属していました。 名前こそ格好付けていますが、 「パソコン部」のことです。 しかし、パソコンの前にずっと座っているわけではありません、 ボランティア活動に参加したり、 イベントに参加したりして取材し、 それをウェブメディアで発信する、 ということをしていたのです。 さらに当時、私は個人的に、 自分でプログラミングして作ったゲームを 自作したホームページで公開したり、 学校では放送委員会に入ったりしていました。 当時は無意識だったので気づいていませんでしたが、 「メディア」というものに関わる時間が、長かったのです。 メディアを通して発信することが、好きだったのだと思います。 しかし、当時はまさか 未来の自分がメディアに関する仕事をすることになるとは、 微塵も思っていませんでした。 物理が好きだったので、理系の道に進むだろう、 と考えていたくらいです。 まして、このように文章を書く仕事は、 絶対にしない!と思っていました。 私が苦手な教科No1は「国語」だったからです。 特に作文の授業が嫌いで、 全くと言っていいほど、文章が書けませんでした。 そもそも作文の「題名」を決めることすら出来なかったのです。 だから当時、メディアで発信していた内容は、文章ではなく、 自分で作ったゲームや、 動画を使ったものが中心になりました。 そのように遊びでやっていた発信が、 意外なことに、喜ばれることが分かりました。 たとえば、私はその頃、マジック(手品)が趣味だったので、 「ニコニコ生放送」というライブ配信メディアで、 マジックを演じる放送をしていました。 (たしか高校生の頃です。) すると、全マジック放送の中でもTOP5に入るほど人気になり、 数百人の人が見に来てくれました。 そうやって発信することで、 多くの人のリアクションをもらえることが分かりました。 時には批判的な意見をもらうこともありましたが、 そうした意見も、ありがたいものでした。 それまで私はマジックを独学で勉強していたのですが、 発信をすることによって、他のマジシャンとも仲良くなり、 新しいネタの情報などが集まるようになり、 世界(価値観)が広まった感覚になりました。 さらに、発信を続けることで、表現力も身につきました。 そして私は気づいたのです。 「メディアを作って情報を発信すれば、 自分にファンができて、色んな面で有利になり、 しかも多くの情報が集まり、感謝され、 自分の価値観を広げることもできる!」 ということに。 このような中学生から高校生にかけての経験は、 ある意味、今私がやっているメディアビジネスの「原点」とも 言えるでしょう。 学生時代は、病弱で何度も入院したり、 学校いじめられたり、両親が離婚したり、と、 良いことだけではありませんでしたが、 1人の時間が長くなったことで、 自分の好きなことに没頭できたのはラッキーでした。      * 以上のように、好きなことを優先する生活をしていたので、 勉強は、あまりしませんでした。 そもそも学生時代は勉強が嫌いで、 親や先生から「勉強しなさい」と言われることに 不自由さを感じていました。 勉強している時間があったら、 好きなことを自由にやっていたかったのです。 しかも高校生になると、アニメを観るのにハマって、 勉強どころではありませんでした。 そのせい(おかげ)もあり、大学受験には失敗し、 目指していた大学に入学することができませんでした。 しかも大学の授業が無駄な時間に思えてきて、 その不自由さに耐えきれなくなってしまい、 1年で退学してしまいました。 実家を抜け出し、一人暮らしを始め、 周囲からの「勉強しなさい」からも解放され、 「これで自由だ!!」 と思いました。 しかし、現実的に考えると、 仕事をしてお金を稼がなければ生きていけません。 飲食店でバイトをしたり、家電量販店で働いてみたり、 派遣の仕事をやってみたり、バーテンダーをやってみたり、 趣味だったマジックを仕事にしてプロマジシャンをやってみたり、 色々な仕事をしました。 が、どんな仕事をしてもしっくり来ません。 決まった場所で、決まった人と、決まったことをするのにも、 「不自由さ」を感じていました。 そこで私は、こう思いました。 「自由になるためには、 もっと効率良くお金を得る必要がある!」 と。      * 私はGoogleで「お金を稼ぐ方法」を検索しました。 検索していくうちに「インターネットビジネス」という世界を知ります。 インターネットビジネスについて語られているブログには、 「ノートパソコン1台で年収1億円」 といったことが書かれており、 少し胡散臭いと思ったものの、 自由を求めていた私には文字が輝いて見えました。 今思うと安易な考えですが、 「これで自由になれる!」 と思ったのです。 それから私は、休み無しで毎日ビジネスに取り組んでいました。 稼げるようになるまでは、 そう時間はかかりませんでした。 売上も1年間で数千万円を出すようになりました。 富豪と比べれば大したことは無いですが、 元は普通のフリーターだった私にしてみれば、 それは「大金」でした。 なぜ、成功するのにあまり時間がかからなかったか?というと、 おそらく、学生時代からメディアで発信をしていた経験が 活かされたんだろうな、と思います。 「ビジネス」の勉強は、それまでしたことがありませんし、 (ビジネスセミナーに数回、参加したくらいです) まして勉強ができなかったので、 大学で経済やら経営やらを学んだりもしていません。 多分「こうすれば人が集まって、喜んでもらえるな」という感覚が、 いつの間にか身についていたのだと思います。 そして私は、メディアを使ったビジネスを教えるようになりました。 当時21歳か22歳だったので、 ほとんどのお客さんは歳上で 2倍以上年齢が上の人たちに教えていました。 そして「どうやったらうまくいくだろう?」と研究しているうちに、 尊敬している人から、"ストーリー"の重要性を教えてもらうことになります。 「メディアで発信する時には、 そこにストーリーの要素が入っていることが大事だ」 と分かったのです。 この時、意外にも役立ったのが、昔アニメを大量に観た経験です。 学生時代、アニメにハマってしまい、 ロクに勉強ができなかったので、 「アニメは黒歴史だ」だと思っていたのですが、 奇しくもアニメもビジネスを支える要素になったのです。 実はアニメなどの物語には、面白くなる要素が存在して、 それをメディアの発信に活かすことができる!と気づいたのです。 また、マジシャンの仕事をしていた経験も活かされました。 マジシャンの時に磨かれた演出力や、 演技を組み立てる思考が、 ストーリー作りに役に立ったのです。 このように"ストーリー"という視点のおかげで、 今までの全ての経験が1つに繋がり、 メディアビジネスは、さらにうまくいくようになりました。 月間合計50万人の人を集められるようになり、 会社を設立し、売上の桁が上がりました。 しかもメディアビジネスは、 自動化することができますから、 自由な時間を得ることにも成功しました。 具体的には、完全に放置していても 100万円は利益が出る状態になったのです。      * 十分なお金があり、十分な時間もあります。 私はそのお金と時間を使って、 毎月の半分は旅行に行ってみたり、 高級ホテルに泊まってみたり、 南の島で高額のドローンを飛ばしてみたり、 成功者に会いに行ってみたり、 とにかく今まではできなかった経験をしてみました。 こんな凄い世界があるのか・・・と驚きましたし、 開放感を感じました。 そして、 「ついに、自分は自由を手に入れた!」 とも、思いました。 しかし、次第に遊ぶのにも飽きてしまい、 今度は「自分って何やってるんだろう?」という気持ちが 強くなってきたのです。 たしかに、そこそこ楽しいですし、 ストレスもないのですが、同時に虚しさも強くなりました。 それと同時期に、今度は「運」が悪くなりました。 大切な人との別れがあったり、 原因不明の体調不良が起こったり、 ビジネスでトラブルが起こったり・・・ お金と時間だけでは解決できないことも増え、 どうも、流れが悪くなってきたのです。 (これには、"ある理屈"があるので、 どこかのタイミングで詳しくお話しします。) こうした出来事は、 「時間とお金さえあれば、自由になれる」 と思っていた私にとっては、衝撃的な体験でした。 期待していた分、想像以上にショックが大きく、 時間もお金もあるのに、 なんと、 家でぼーっとするような生活が始まりました。 そしてその虚しさをごまかすように、 ゲームをしたりアニメを観たりして 無目的に過ごしていました。 でも、心にある虚しさはごまかせませんし、 現実的にも色々なことがうまくいかなくなっています。 そこで私は気づくのです。 「まだ自分は不自由だった」 ということに。 これは本当に辛い経験でしたが、 一方で、20台半ばでこのことに気づけて、 本当に良かったと思います。 もし、70歳を過ぎて、 「お金と時間があるから自由だ!」とか勘違いしてたら、 もうやり直す気力はないかもしれません。      * そんな時、奇跡とも言える「ある人との出会い」がやってきます。 (この「ある人」の話も、色々面白いことがあったので、 また別の機会に詳しくシェアする予定です。) その人は、古来より口伝で伝わる「古神道」の考え方を 仕事や人生にどう応用できるのか?という話をしていました。 古神道というと、 「宗教みたいで怪しい」と思う人がいるのですが、 まず古神道は宗教ではありません。 神道は私たち日本人の生活や意識に根付いている「習慣」です。 神道とか知らなくても、 自然に対して綺麗だと感じたり畏怖を感じたり、 食べ物に感謝したり、 周りの「空気」を読んだり、 (これはいいことばかりではないですが) わざわざ習わなくても、こういった価値観は浸透しています。 日本は、世界の中でも歴史が長い国であり、 そして100年以上続く老舗企業が多い国でもあります。 日本は「長く繁栄し続けること」が得意なのです。 それは、なぜか? 実は、その秘密が「古神道」の考え方にあり、 しかもその考え方は、 個人のビジネスや人生にも応用できます。 つまり、古神道は、 「個人が長期的に成功し続けるための秘密の方法」とも言えるのです。 今、日本で流行っている成功法則や、ビジネスの手法は、 海外(主にアメリカ)発祥のものが多いですが、 それは日本人に合うとは限りません。 また、海外の成功法則は短期的な成功には適していることもありますが、 「長期的な繁栄」という視点が欠けていることが多いです。 日本には、いわば古神道という日本流の成功法則が 元々存在しているわけで、これを取り入れた方が、 ビジネスも人生もうまくいくようになるのです。 そういったことを教えてくれた「ある人」との出会いをきっかけに、 私は精神世界に興味を持ち、 (もともとマジックをやっていたのもあってか、 神秘的なものには興味があったので) 帝王学や運命学、思想・哲学といった分野も、学ぶようになりました。 それを学んだ結果、私は根底から考え方が変わり、 日常が変わり、人生が変わっていきました。 仲間も増えて、周りには、 20代で年収数億円を稼いだ人や、 登録者100万人のチャンネルを持つYoutuber、 月間25万人もの人を集めるライター、 業界でだれもが知っているネット起業家、 老舗企業や上場企業をクライアントに持つ敏腕コンサルタント、 何冊もの書籍を出版している人気作家・・・ といったあらゆる業種業界で活躍する人たちがいて、 近い距離感で仕事をしています。 ずっと仕事をしているわけではなくて、 ある人が用意してくれた特殊な宿泊施設に泊まったり、 神社巡りをしたり、温泉旅館に14泊して仕事したり、 インターネットで探しても見つからない裏情報を聞いたり、 ・・・といった生活を送っています。 こういう生活をしていて、気づいたことがあります。 学生時代はメディアで発信することが、心から「面白かった」のに、 いつしか、ビジネスで「成功」することばかり 考えるようになって、大事なことを忘れていたのです。 大事なこととは、たとえば、 真・善・美を大事にすること、 本当の自由とは何か(道)を探求すること、 面白いことをすること、 といったことです。 そして私はようやく、 『自由とは成功のことではない』 という1つの説にたどり着きます。 今では、 自由って本当の意味で面白く生きることなんじゃないか、 と思っていて、 「そういう本当の意味で自由な人生を送ってもらいたい」 と思っているのです。 これは「使命」とか仰々しいことではなくて、 単純に、笑顔になる人が増えたらいいな、という気持ちです。 しかし私は綺麗事を言うつもりもありません。 現実的にお金は必要だ、ということも理解していますし、 精神世界だけ学べばいい、とも思っていません。      * 自由になれないと感じている人がいたとしたら、 それは一体、何が壁になっているのでしょうか? 私の場合、そもそも「自由とは何か」を しっかり考えて来なかったのが、 不自由になってしまった原因でした。 では何故そうなったかというと、大切なことを忘れ、 周りの「常識」や「空気」といったものに流されたからです。 私たちはつい、このように、 「普通はこうした方がいいよね」 という一般的な意見に飲まれてしまいます。 よく考えもせず、確かめもせずに、 「正しい」と思い込んでいる物事が多い。 「自分が物事をしっかり理解している」という バイアス(思考の偏り)がかかっているのです。 その方が、考えなくて済み、ラクだからです。 一般的には「ラク=自由」と思われていますが、 私は逆だと思っています。 ラクだけしていたら不自由な思考になり、 自分では物事を考えられなくなり、 あらゆるものの影響を受けて、 自分で自分の人生を作れなくなります。 逆に、少し大変であっても、 何かに向かって頑張って進んでいる時や、 何かを作っている時、 今よりも大きな自由を手に入れようとしている時、 そういうプロセスの方が「自由」を感じます。 もちろん私は、 大学を辞めた時も、起業した時も、大金を稼いだ時も、 自由を感じました。 いろんなことが「ラク」になりました。 それも、本当に楽しかったですし、 良い経験になりました。 それは事実です。 しかし、それがすぐに飽きてくる、 というのもまた事実で、 「自分が求めている自由は、きっと違うものなんだ」 と気づきました。 たとえば、 お金があるだけでは得られない体験をしたり まるで神がかったような感動的な体験をしたり、 本当に深く信頼しあえる人間関係を作ったり、 もっと自由自在にやりたいことができるようになったり。 今は、そんな自由を目指して活動しています。      * 繰り返しになりますが、 お金や時間が不要だ、とは思いません。 大事なのは、 「何のためにお金と時間の自由を得るか?」 という目的をしっかりと考えることです。 その目的は、 自分で考えるのが1番いいのですが、 まずは 「人間的に成長する」 という目的をおすすめしています。 なぜなら、成長が、 さらに多くの自由を生んでくれるからです。 たとえば、 ・明らかに苦痛な環境からの自由 ・感情(悲しみ、怒りなど)の束縛からの自由 ・人間関係からの自由 ・病気からの自由 ・死の恐怖からの自由 など 実は、お金と時間の自由は、 最初のステップでしかないのです。 だからこそ、私は、お金と時間の自由を目的(ゴール)にするのではなく、 もっと成長するのをゴールに設定した上で、 お金と時間の自由を、どんどん得ていただきたいと思っています。 そのために、稼ぐ方法を、お伝えしています。 とにかく、まずは、稼いだらいいのです。 そして、ビジネスを自動化して、自由な時間も作りましょう。 でも同時に、 稼ぐだけじゃなくて成長して、 もっと大きな自由を目指し続ける。 そして、自由になるほど、ビジネスもさらにうまくいく。 そんなライフスタイルを提案しています。 私自身も、お金と時間があるおかげで、 色々な経験をすることができて、 そのおかげで色々な情報を仕入れることができて・・・ こうして発信するネタも増えています。 成長するに従って、 「自由だ」 という"体感"も増えてきています。 そして今は、自由な人がもっと増えたらいいな、と思って こうやってメルマガで情報を発信しています。 与えられた環境に満足して「ラクに」生きる時期も、 人生にあってもいいのかもしれませんが、 少し大変であっても、生きがいとやりがいを感じ、 まるで映画のようなドラマチックで面白い人生を、 作っていける人が増えたらいいな、と、 そう思うのです。 そのために、 今は来たる日に備え、技を磨きつつ、 「仲間」を集めている段階です。 日々、色んな面白いことが起こったり、 学ぶことがあるので、 そういう情報を発信していきます。 なので、一緒に成長してきましょう。 そして今すぐにとは言いませんが、 ゆくゆくは、面白い企画とかを一緒にできたら面白いな! と思います。