佐藤想一郎です。


今回は前回に引き続き

DIMENSION CODE(ディメンションコード)

の紹介をさせていただきながら、
いろいろな話をしていきます。

(毎度、意識していることではありますが、
参加するかどうかに関わらず、
楽しんでいただける内容を書いていきます!)


さて、前回、

「DIMENSION CODEでは、
ラクして成功!みたいな話はしない」

と書きました。


しかし、

“自然な範囲”でなら、
お金が増えたり、
良い出会いがあったり、
豊かになったり・・・

といったことは、考えられます。


実際、講座に参加された方からは

「夫婦の仲が良くなりました」
「長年悩んでいた頭痛の頻度が大幅に下がりました」

といった、現実的な変化の報告も
いただいています。


どうしてそんな変化が起こるのか?

というと、

そもそも、豊かになれない究極の原因こそが、
人生にかかった”暗号(心の癖)”だからです。


ビジネスを教えていると、特にそう感じます。

人生に問題が起こったり、
人間関係のトラブルが起こったり、

あるいは、

旦那さんや奥さんと向き合うのから逃げるように、
ビジネスをしていたりと、

根本的にスタートがずれており、

どこかでトラブルが勃発!

「ビジネスどころじゃない状態」に・・・。

というケースを見てきました。


小田さんは経営コンサルタントとして、
数多くの上場企業や老舗企業の役員の相談に乗っています。

その中で小田さんは、

「経営者が持っている暗号(人生の課題)と、
会社の売上は関係があること」

を発見します。

たとえば、
経営者(男性)が奥さんとの関係が悪いことで、
会社の売り上げが落ちる、
ということも実際にあるそうです。


「夫婦関係と売上の、何が関係あるの??」
と思われるかもしれませんが、
経営者は、会社を人体に見立てたら
心臓や脳にあたる人です。

経営者の「エネルギー(モチベーション)」によって、
会社の売り上げが左右するのは当然ですが、
では、その経営者のエネルギーの補給元はどこになるのか?

・・・

多くの場合、配偶者です。


経営者でなくとも同じで、
人生の全てはつながっていると考えるのが自然です。

家族との関係だけでなく、健康、お金、心の状態、仕事、恋愛、生き方、掃除、
住んでいる場所、関わる人、遊びや趣味にいたるまで、
それぞれがお互いに影響を与え合っているのです。

それら全てに影響を与えるのが

「人生の暗号」

です。

だから暗号を解くほどにお金が増えたり、
運が良くなったり、
良い出会いがあったり、
といったことが起こるのですね。


つまり、DIMENSION CODEは、
人生で起こるあらゆる現象の、

「1つ手前(=原因、本質)」

がテーマなのです。


少し難しいでしょうか?

切り口を変えて解説していきますね。


暗号は、「人生の宿題」と考えることもできます。

それぞれの人に、
「今世では、この経験を通して学びなさいね!」
という宿題が与えられているのです。

その課題が、
親との関係に現れる人もいれば、
お金や仕事面で現れる人もいれば、
異性との関係で現れる人もいれば、
人それぞれです。

しかし、それを解くのは容易ではないので、
「暗号」と名付けたわけです。


DIMENSION CODEでは、
その「暗号」にフォーカスを当てており、
1つ1つの問題や、その解決法には、
あまりフォーカスしていません。

たとえば、

・どうやったら素敵な恋人が見つかるか
・どうやったら筋肉が増えるか
・どうやったらお金を稼げるか

みたいな話は、
(全くないわけではないですが)
ほとんどありません。

そういったノウハウを知っても、
心に暗号がかかっていたら、
長くはうまくいかないからです。


たとえば、

「素敵な恋人を見つける方法」

をいくら学んでも、

”幸せ恐怖症”という暗号を持っていた場合、
幸せになりそうになった瞬間、
自分から(無意識で)関係を壊してしまいます。


健康法にしても、同じです。

いかに健康法を実践しても、心の奥底に
「認められたい、構ってもらいたい」
という暗号があったら、
周りの注目を集めるために
(無意識で)病気になりやすくなります。


そこで、細かい部分を1つ1つ見るのではなく、
最初から

「グランドセオリー(本質、高い感覚)」

を学んで、
あらゆることが
「自分で」理解できるようになっていく・・・

自然と「人生全体」がよくなっていく・・・


それが、DIMENSION CODEの特徴です。

(かなり特殊なテーマの講座だと思います。)


こうした本質的な考え方は
DIMENSION CODEに参加するかどうかに関わらず、
覚えておくといいかな、と思います。


知識を増やすのは、基礎を身につける上で必要な時期もありますが、
単に増やすだけでは、知識が脳内の別々の部屋に入ってしまい、
その知識が本当に必要なときに引き出せなくなってしまいます。

(小田さんは、この状態を、
「知識が頭に”刺さった”状態」と表現されていました。)


知識の部屋と部屋をつなげてこそ、人生に活用できるようになります。

そのつなげるための接着剤みたいなものが、
DIMENSION CODEで伝えているような本質論です。


私自身、DIMENSION CODEで
みんなと一緒に学び、
今まで学んできたことや経験してきたことが統合されました。

だから真新しいことを学んでいるというよりか、

「あれは、そういうことだったのか!!」

という”気づき”がたくさんありました。

ぼんやり思ってたことが、
次々と言語化されていくのです。


たとえば、
DIMENSION CODEでは、

「浄化」

という概念を解説しています。


これはオカルトでもなんでもなく、
言葉を変えたら

「疲れ」とか「感情の乱れ」とか、

そういうものだと思ってください。


たとえば、

「あいつムカつくな・・・」

と思ったとします。

最初はそのモヤモヤは小さいのですが、
だんだん色々と考えているうちに増大してきます。

「そういえばあの時も、こんな最悪なこと言ってたな」とか、
なんか色々と思い出すわけです。笑

気づけば、心の中に、黒いモヤモヤのようなものが・・・

それをDIMENSION CODEでは、
ノイズとか邪気とか呼んでます。


それらをクリアーにするのが「浄化」です。


浄化には色々な方法があって、
たとえば水や風を使う方法とか、
紙に書き出す方法とか・・・
色々あります。

これをやると、とてつもなくスッキリして、
集中力が上がったり、悩みにくくなったりします。


でも、そういう体験自体は、みなさんすでにあるはずなのです。

たとえば、モヤモヤしてたけど、
外に出て風に当たったら
なんとなくスッキリした、とか。。


それを「浄化」「邪気」などといった概念を使うことで、
ちゃんと言語化し、理解し、
使いこなすことができる、というわけです。


こうした、普通に生きてたら知ることすらないような秘密を
DIMENSION CODEでは小田さんに
かなり沢山、話していただいています。

シンプルに人生を変えたい方にもおすすめですし、
世界の秘密や法則に興味がある方にもおすすめです。


そろそろ参加者が150人を超えます!

みんなで盛り上げていきましょう。

さらに多くの方にあつまっていただけたら
(コロナの状況にもよりますが)
リアルでも何かイベントをやりたいな!と思ってます。


DIMENSION CODE -online-
https://soichiro-sato.com/data/lp-dmconline/


それでは、また次回!

DIMENSION CODEの紹介はこれくらいにして、
次回からは、また新しい話をしていく予定です。