佐藤想一郎です。


今日はチームメンバーに

「Chatwork(チャットするためのツール)
を無料プランから有料プランに変えました!」

という報告をしました。


なぜわざわざ、そんな報告をしたのか?


その時に送ったメッセージを読んでいただければ、
分かると思います。


======ここから======

今日はchatworkを月額400円の有料プランに変更しました。

理由は単純に広告がイヤだから、です。笑

もちろん皆さんに有料プランに変更するのをオススメしたいわけではなく、どういう感覚でやってるか、をシェアするために報告してます。

広告の何がイヤかって、無意識にイメージが入ってくる点です。
(毎回、「広告が表示されるぞ!!」と有意識になれば良いのですが、それはそれで大変)

もし広告主が「儲けてやるぜ〜」とか考えてたら、そのエネルギーが無意識に入ってくるということです。

しかも、目(視覚)は邪気の入り口となります。
もしそのネガティブエネルギーが残ってる場合、悪夢になったり諸々影響が出てきます。

ビビりすぎると影響を受けるので、気にしすぎないのも大事ですが、

「月額400円」と「毎日受けるネガティブエネルギー」を比べた時に、私にとっては明らかに費用対効果が高いのが、月額400円をかける方だったです。

要は、単に有料にすれば良いという話ではなく、
お金(目に見えること)だけで考えるのではなく、エネルギー(目で見えないこと)の影響も考えるのが大事!ってことですね。

参考になればと。

(こんな感じで些細なことでもシェアして感覚をうつしていきます)

======ここまで======


人は無意識の時に、影響を受けやすくなります。

たとえばボーッとネットサーフィンをしているうちに、
いろんなノイズ(雑念)が蓄積してきます。


ノイズが蓄積すると、
思考のおしゃべりが止まらなくなり、
意味もなく不安になったり、焦ったり、
感情的になったりしがちです。


それは行動に現れます。

特に、「音」に出ます。


ノイズが蓄積している時は、発する音がノイジーになるので、
たとえば、歩いている音がドンドンドン!!となったり、
ドアを閉める音がバタン!!となったり、
皿を洗う音が、ガチャガチャがちゃーん!!となったり、
タイピング音がバチバチバチ、バチーン!!となったりします。笑


こういうのは、他人のだとよく気づくと思います。

でも大事なのは、まず、自分ですね。


そこで、自分が発する音に意識を向けるようにしてみます。

静かにしすぎて神経質になる必要はないんですが、
時々「心地よい音」を目指してみるんです。


これが鍛えられたのは、
やはりバーテンダーの経験があったからだな、
と思います。

バーの先生から、音について注意されたことがあります。

洗ってる時の音、
カクテルを作ってる時の音・・・


そのバーの先生が発する「音」は、
まるで音楽のように美しかったのを覚えてます。


ボトルをバーカウンターに置く時の、トンっという音、

氷をシェーカーに入れる、カランカランという音、

シェーカーをシャカシャカ振る音、

シャーカーからカクテルグラスに注ぐ時のコトコト・・・という音、


カクテルが出来上がる前から
「これは美味しいに違いない!」
と思えるプロセスです。


こうなるには、
1つ1つの動作に意識をむけてあげる必要が
ありました。


かと言って、1点に集中しすぎると緊張してぎこちなくなる。

たとえば、ボトルのキャップを閉めるのに集中しすぎると、
置く時に、ガンっ!とノイジーな音が鳴ってしまう、とか。


難しいですね。笑


矛盾しているように思えるかもしれませんが、

1つ1つは丁寧にしつつも、
それに囚われることなく、
全体に意識が向いてる・・・

そんな感じで、全集中(笑)ができてる時、
自然と音がきれいになっています。


もちろん私も常にできるわけではなく、
普段から意識してて、ようやくたまに良い感じになる
ってくらいでした。


最近は、

「文章を書きましょう!」

と言ってますが、

文章が書ける人も、
無意識を意識にあげられる人なんじゃないかな、
と思います。

そもそも意識にあがってることしか書けないからです。


「自分ってこう思ってるんだな」とか
「こんなこと考えてるんだな」とか、
気づいてないと、言葉にできないですよね。


あるいは、

これはFacebookにも書いたんですが、

書いて書いて書きまくっているうちに
思考のおしゃべりが静かになってきて、

無意識の深い部分に繋がる瞬間がやってきます。

そういう時は、自然と手が動いて、
自分で書いているのではなく、
まるで違う「何か」が書いているかのようにって、
書けちゃったりもします。


一方で、

(こっちはnoteに書いたんですが)

「これを書かないといけない」とか1点に囚われると、
自然な文章が書けない。


だから「音」はきっかけにすると良いんじゃないかな、と思います。


音に意識を向けて、美しい音楽を奏でるようにしてると、

だんだん心地よくなってきて、
体と心が自然とゆるみ、
思考のおしゃべりが止まり、

意識の深い部分とつながる。


この状態で文章を書いたら、自然と良い文章になり、

この状態で料理を作ったら、自然と美味しい料理になり、

この状態で仕事をしたら、自然と良い仕事になる・・・


ってイメージなんじゃないかな、と。


まとめると、


1)無意識の時にネガティブな情報に触れると、思考にノイズが蓄積する

2)ノイズの蓄積によって、自分が発する音がノイジーになる


では、どうすれば良いのか?


3)無意識を意識化する

4)自分が出す音に意識を向ける

5)書いて、無意識を意識に上げる


ってことです。


・・・ヨガの本に書いてあったことを
思い出しましたね。


どの本だったか忘れたんですが、

「ヨーガの基本は、全ての行動をヨーガのタッチにすること」

みたいなことが書いてありました。


瞑想とかの修行も大事だけど、
日常の動作もヨガ的にする。

もし、修行中だけ実践できて、日常でできなかったら、意味がない。

日常と修行が分離してたら、
それはヨガじゃないのだ!

みたいな話ですね。


これを文章術に応用するなら、
書いてる時だけではなく、
書いてない時も無意識を言語化し続ける。

そしたら、いざ書こう!と思う時にスラスラ書けるのだと思います。


さて、
今年は「文章力を極める期間」ということで、
いろんなところで発信していて、
チームメンバーと一緒に書くのを習慣化しようとしてます。


特にnoteは頻繁に更新してるので、よかったら読んでみてください。

メルマガとはまた違った雰囲気で書いてて、
全ての仕事が終わってからやってるので、
いい意味で力が抜けてるんじゃないかな、と。笑



note:
https://note.com/soichiro_sato

フォローとかスキ(ハートマークのやつ)とかしてもらえると嬉しいです。


今年はこうやって自分でも発信して感覚を
忘れないようにしつつ、
みんなの文章のアドバイスをしたりゴーストライターをやったりと
サポートもしていきます!


これから何かを始めたい!って人は、
世間がこんな状況なので、
文章を使ってオンラインでちゃんと発信する力を身につけた方が
良いと思いますね。

一緒に磨いていきましょう。


それでは、また次回(^^)