カテゴリー
ブログ

ブログの外観を変えました2

2019年11月30日

WordPressの新テーマ「Twenty Twenty」です。まだ様子を見ているところで、また変えるかもしれません。

最近はサイドバーが無い1カラム(一列)のデザインが増えましたね。数年前は3カラムの、サイドバーが両側にあるブログも見かけたのですが、今は減ったようです。減った理由は知りませんが、スマートフォンでページを見る人が増えたからでしょうか。

スマートフォンの画面に3列もコンテンツを表示するのは、一脚の椅子に3人座るようなもので、無理があります。そのためスマートフォンのコンテンツは1カラム(一列)が自然です。

パソコンで見ると2カラムで、スマホで見ると1カラムになるページは多く見かけます。この場合、パソコンで表示されているサイドバーは、スマホで見ると上のメニューに格納されるか、フッター(ページ下部)に出力されます。

こうした対応がなぜ必要かというと、パソコンが横長のスクリーンなのに対し、スマホが縦長のスクリーンだからです。横長のスクリーンでは左右に余裕ができますが、縦長のスクリーンでは上下に余裕ができます(そのためスマホ用のページでは、上下に広告やメニューが固定表示されるケースがあります)。

ウェブデザイナーの仕事はデバイス(やブラウザ、OSなど)の種類が増えるほど増えそうです。1つのサイトに対して、複数のデバイス用のデザインを作らなければなりません。特にスクリーンの縦横の比率が違う場合、デザインを大きく変えなければなりません。

そこで、パソコンのスクリーンもいっそのこと縦長にすればデザイナーに優しいじゃん、と思いついたのですが、どうやら人間の視野は横長のため、横長のスクリーンの方が見やすいようです。スマホが縦長なのは、見やすさより持ちやすさを優先したためでしょう。使う人の体に合わせてモノができているのですね。

人間の体や心、構造などに合わせる考え方は仕事をする時も意識したいと思っています。メルマガにも書きましたが、コンテンツに意識が行きすぎると「人間」が見えなくなってしまいます。自分達が「良い」と思っても、お客さんにフィット感を持ってもらえなければ、あまり売れないはずなのです。かといって合わせすぎて媚びてもいけないので、このあたりのバランス感覚は磨きたいですね。