ネガティブが流行る季節

2019年10月31日

この時期になると、読者さんから「最近、落ち込んでいます」「やる気が出ないです」「ネガティブなことを考えてしまいます」といったメールが増えます。そうなった原因も送っていただいたメールに書かれていますが、おそらく(全てではないですが)根本的な原因は想像していないところにあります。それは「体の冷え」です。

体が冷えると、体が緊張して、心も固く、冷たくなります。あたためるだけで調子が戻るケースも多いです。まずあたためるべきは足です。私は冷えとり靴下を(夏でも)履いています。ルームブーツも履いています。最近は、足湯もするようにしています。

首をあたためることも大切です。ネックウォーマーやストール、マフラーなどを使ってもいいでしょう。できれば手首や肘もあたためたほうがいいです。

「あたためる」と言っても、このように、そこまで厚着をする必要はありません。それよりも、足首・首・手首をあたためる方が良いらしいです。「らしい」と書いたのは、教えてもらったことだからですが、私も実践して、効果を実感しています。以前は毎年、冬になると少し気持ちが暗くなるのは冷えが原因だったのか、と思いました。

それと、この時期流行るものといえば、風邪です。私も最近、久々風邪をひいていました。おかげで、体がゆるみました。風邪はウイルスが原因と言われていますが、体の力みが原因と見ることもできます。風邪を引くことで強制的に体と心を休ませ、ゆるませる方に、体は持っていくのです。個人的には風邪を引くとスッキリするので、浄化作用があるのかな、と思ったりしますが、症状は辛いので、わざわざ風邪になろうとは思いません。