内言葉と外言葉を一致させる

2019年10月22日

19日と20日は、講座「DIMENSION CODE」の第6回を開催しました。今回も講師の小田さんに色々な話をしていただきました。その中で「内言葉と外言葉を一致させよう」という話がありました。腹の中で思っている本心と、口から出す言葉にズレがある場合、その差分、エネルギー(意欲)が下がったり、人から無自覚でエネルギーを奪ってしまったりする、という話です。

たとえば、本当はやる気がないのに「やります!」と言った場合がそれです。内なる自分は「やだなあ」と思っているのに、外なる自分は「やらなきゃ!」と思っている状態。こうなると、そのギャップに内なる自分は苦しみます。

セミナーではこういった状態になりやすい「職業」が紹介されていました。その1つが「学校の先生」です。多くの学校の先生は若くして周りから「先生!」と呼ばれるようになります。だから「ちゃんとしなきゃ」と外なる自分は思うのですが、内なる自分は、まだまだ未成熟です。するとどうなるかというと、内(本来の自分)と外(表面上の自分)のギャップが大きくなり、結果的に変態的な行為に走ったりする人もいるそうです。

たしかに学校の先生がわいせつ行為で逮捕されるニュースは多い気がします(今はあまりニュースを見ませんが)。あれは、学校の先生だからニュースにしているのか、と思っていたのですが、小田さんによると、どうやらそうでもないようです。小田さんは校長先生が集まる会に出席する機会があるそうで、校長先生から「先生はちょっと変な人が多い」という話を聞くそうです。

学校の先生でなくとも、表面上「いい人」に見せなければならない、コンサルタントやコーチ、セラピストといった「先生業」の人も、内なる自分と外なる自分のギャップが大きくなりやすいといいます。

たとえば、SNSでは豊かな生活を演出しているけれど、「いいところだけ」を切り取って見せていて、本当は苦しんでいる人は多いと思いのではないでしょうか。最初は、それでも人がついてくるかもしれませんが、次第に自分自身が苦しくなってきます。

もちろん先生という職業は「なりやすい」というだけで、みんな外と内にズレがあるのは当然のことだと思います。

このように書いている私も、そういった面が大いにあると思いました。小学生の頃、あることが起こってショックを受けた私は、内なる自分にフタをしました。当時、内なる自分の声を聞いていたら、精神がおかしくなってしまいそうだからです。しかし、その結果、内なる自分の声をずっと無視して生きてきたと思います。

DIMENSION CODE第6回では、内言葉と外言葉を一致させる方法を小田さんから伝授してもらいました。ここでは基本だけ書くと、「まずは内なる自分(本音)の声を聞いてあげること」が大事だといいます。同情はしなくていいのですが、まずは意識を向けてあげて、理解・共感しようとすることです。

内なる自分を、説得しようとしたり、責めたり、無理に動かそうとしたりしてはいけません。小田さんは「協力を求めることが大事」と話されていました。当然、最初は協力に応じてくれないかもしれません。しかし、内なる自分に気をかけてあげて、抱きしめてあげているうちに、内なる自分と外なる自分の一体感が増してくるはずです。

余談ですが、「アファメーション」は、内なる自分と外なる自分が乖離している状態で使うと、よりギャップが拡大するという話も聞きました。たしかに、内言葉は「私は成功できない」と言っているのに、外言葉で「私は成功者です!」とか言ってたら、ギャップは大きくなると思います。その結果、たしかに成功はするかもしれませんが、後からギャップの大きさに苦しむことになるかもしれません。

意識を向けると

2019年10月19日

今日は講座「DIMENSION CODE」第6回の開催日です。京都駅から品川駅に向かう新幹線「のぞみ号」のグリーン車で、この記事を書いています。周りに人がいないので、タイピング音が周りに響くのを気にする必要がなく快適です。

新幹線の運転席とグリーン車は、電磁波対策がされていると聞きます(本当かどうかは知りませんが)。電磁波の影響は正直、どれほどのものか分かりません。しかし対策しておくに越したことはないと思い、グリーン車を選択した上で「アポロ プリマシンペンダント」や「アポロ ミーライトテン」、「森州焼 ガンマプロ」などを使用しています(簡単に言えば電磁波対策グッズです)。

こうしたグッズの効果は証明できない部分がありますので、使ってみてどうだったか、という「感覚」を大事にしています。最悪、科学的に証明できる効果がゼロでも、効果があると信じていればプラシーボ効果によってマシにはなるだろうとも思います。要は、意識してるかどうかです。

たとえば「結界」と言えば胡散臭いですが、単純に「進入禁止と書いてある張り紙」と似たようなものと思えばいいのです。「ここから先は進入禁止」と書いても進入する人はいますが、心理的な効果を与えることができます。意識の境界線を作ることができるのです。

グリーン車も結界と捉えることもできます。単純に座席が少し広いくらいなのですが、「グリーン車」と命名してシンボルを作ることで、なんとなく特別な車両である演出ができます。それは人々が、「ここはグリーン車だ」と意識するからです。

グリーン車のマークがクローバーになった由来は、四つ葉のクローバーが「幸運の印」とされていることから、利用する人に幸運が訪れてほしいという関係者の気持ちが表現されたものらしいです。それが本当かも分かりませんが、知っておくと意識の向け方が変わるかもしれませんね。

名古屋駅を通過しました。今日のDIMENSION CODEについては、また記事にしようと思います。

自意識の断末魔

2019年10月17日

風が冷たくなってきました。自転車で坂道を下っていると、金木犀の香りがしました。

今日は、新しいメルマガ、ブログ用のプロフィール、DIMENSION CODEのメルマガを書きました。合計6,000字くらいです。メールやメッセージのチェックに時間がかかったので、改善予定。Skypeを使って、ニュージーランドに住んでいるDIMENSION CODEの参加者さんの相談に乗りました。日本時間14時から開始、ニュージーランドは18時くらいとのことでした。「こんにちは」と言ってくれたので、合わせてくれたのかなと思いました(自意識過剰かもしれません)。

相談内容は職場の上司との人間関係に関することでした。上司から心無い言葉をかけられ、イラッとして感情的になってしまった。自分でもどうしてこんなに感情的になってしまうのかわからない。今まではこんなことが無かったのに……。といった内容です。様々な視点からアドバイスはできると思いますが、ここでは「講座で学んで勉強しているのに、感情的になってしまった(しかも前はこんなことが無かった)」という前提に着目します。

実は、成長の過程で、このように感情が乱れる時期があります。成長しようと思うほど、自意識は縮小していくのですが、自意識が消える際、自意識が断末魔のように叫び始めるのです。「そんなことやったって無駄だ」「全部意味が無かったんだ」「自分は悪くない、あいつのせいだ」といった思考が湧いてきたり、自分を正当化しようとしたり、逃げ出そうと思ったり、自暴自棄になったりといったことが起こります。私も経験しますし、周りの人に起こるのを見たこともあります。

観察していると、この現象は特に「一気に成長する直前」で起こりやすいことが分かります。自意識からしてみれば「このまま成長してしまえば、僕は死んでしまう」という危機ですから、猛反発してきます。こういうとき、一時的にブルー(というかブラック?)な気持ちになるので、「もしかしたら全く成長してなかったんじゃないか」みたいな疑いが出てくるでしょう。本当は成長したからこそ、こういうことが起こっているのですが、その「疑い」に負けてしまうと、本当に成長が止まってしまいます。

それではどうしたらいいのか、というと、「それは本当の自分ではない!」と気づくことが大事だ、と教わったことがあります。本当の自分の声と自意識の叫びとを混同しないようにすべし、ということです。自意識の叫びとは、ネガティブな思考や感情のことです。その偽物の自分の心の声を、本当の自分の声だと勘違いしてしまうと、次第におかしな行動を取り始めます。こういった状態を「憑依されている」と表現する人もいます。自分ではない思考に取り憑かれているわけですから、適切な表現だと思います。

Skype通話では、他にも色々な話をしました。合計で1時間半くらい話したと思います。最後には、本来の自分を見失いそうになっていたことに気づいていただけたようでした。

願いを叶える具現化の力

2019年10月16日

昨日から、京都の「綾部」というところに行っていて、先ほど大阪に帰りました。合宿セミナーに参加していたのです。綾部は自然が豊かな場所で、居るだけで癒されました。大きなカマキリを2回、猿を1回、見ました。熊は時々「出る」そうですが、幸い見ませんでした。(「出る」とか書くと、幽霊みたいですね。)

幽霊は見たことがありませんが、「あの世(見えない世界)」はある、と思うことにしています。思考や想像(見えないもの)が先にあって、行動や結果(見えるもの)が後からついてくるように、見えない世界は「原因」を司っています。参加した合宿セミナーでは、「見えない世界と見える世界の関係」を教えてもらい、さらに、願いを叶えるための秘伝を教わりました。ここでは、そのごく一部を紹介します。

願いを叶えるためのコツは、簡単に言えば「鮮明なイメージ」です。妄想ではなく、体感するレベルでの鮮明なイメージです。妄想は思考しか動いていない一方で、ここで言う「鮮明なイメージ」は、五感も動いています。見えるもの、音、香り、手触り、味といった部分もイメージします。これは、見えない世界を見える世界に降ろすプロセスです。

こう書くと難しく思えるかもしれませんので、もう少し日常的なことで考えてみましょう。「見えない世界を見える世界に降ろす」といえば、「書くこと」です。私も今、こうしてブログを書くことで、頭の中にあるイメージを、文章という、目で見える記号に具現化しています。その際、頭の中にある「曖昧なイメージ」が「鮮明なイメージ」に変わります。

だから実は、書くクセを付けるだけで願望実現の力は磨かれる、というわけです。書かないと、頭の中でイメージが散らかったままになります。もちろん、意図的に散らかしている場合は問題ありません。たとえばアイデア出しの時点では、ある程度散らかっていた方がいい場合もあります。しかし、普通は、頭の中がごちゃごちゃしていたり、曖昧なイメージのままだったりしたら、目標や願望を実現するのは難しいでしょう。いかにイメージを鮮明にするかが大事なのです。そのための1つの方法が「書くこと」です。

帰りはマイクロバスに乗せてもらって大阪まで帰ってきました。バスの中では、同じセミナーの受講者であり先輩の方と、新しい企画の話をしました。イメージが鮮明になったので、現実になる日は近いと思います。また何か新しい動きがあったら、ブログやメルマガで報告します。

写真は綾部で撮ったものです。ミラーレスカメラを持って行かなかったので、iPhoneXSで撮影しています(こういう時iPhone11なら撮影の幅が広がるんだろうな、と思いますが買いに行けていません)。Lightroomというソフトで「盛って」います。

宿泊した施設。エネルギーを上げる仕組みが沢山あったり、凄い建築技術が使われてたりします。
施設の裏にはさらに特殊な場所があります(詳しく書けないのが残念)。
大地主神社と夫婦杉

ブログの外観を変えました

2019年10月14日

ブログのデザインを黒澤スタイル(知ってる人は知っている)に戻しました。こういうふうにトップページに全文が表示されるデザインの方が、SNSみたいに気軽に書けるからです。トップページに記事のタイトル一覧が表示されるデザインは、中身をちゃんと書かないといけない、と思ってしまいます。そういう決まりはありません。勝手にそう思ってしまう、というだけです。

私の短所は(長所でもあると思っているのですが)継続が苦手なことです。ブログは何十回、作り直したか分かりません。継続できないことに危機感は感じていないのですが、継続する必要がある仕事が発生した場合、支障をきたします。しかし自分の性質をすぐに変えることは難しいので、環境の方を変えるようにしています。ブログのデザインをこのようにするのも、その1つです。

他には、ステップメールの活用です。ステップメールとは、あらかじめ設定しておいたメールを、スケジュールに沿って配信する機能のことです。この機能を使えば、一度だけメルマガを書いてしまえば、登録した人に1通目から順番にメールが配信されます。自分が継続できなくても、プログラムが継続的に配信してくれるのです。

しかし、ステップメールには欠点もあります。過去に書いた内容が、あたかも今の自分が書いたかのように配信されてしまう点です。この性質上、時事ネタやトレンドネタといった、その時だからこそ意味のある内容を書きにくいのです。たとえば、ステップメールに「あけましておめでとうございます」と書いてしまったら、それが1年中配信されます。これは避けたいので、基本的には、いつ配信されてもいい内容しか書けません。

ブログの場合は、この制限がありません。読者は投稿された日付とセットで内容を理解しようとしてくれるからです。ブログに「あけましておめでとうございます」と書いてあれば、読者は「この記事は年始に書かれたものだな」と想像します。そのため、ブログではステップメールでは書きにくい時事ネタやトレンドネタが書きやすいのです。

そこでこのブログでは、ステップメールでは表現しにくい「リアルタイム感」を出したいと思っています。といっても、時事ネタやトレンドネタばかりではなく、普通の日記みたいな内容も書く予定です(日記もステップメールと相性が悪いので)。需要があるか分かりませんが、文章技術や思考の訓練、継続する練習なども兼ねて、ゆるく発信していきます。